歩行者と自転車のトレーニングデータ

Cognataの合成データで、最新のディープニューラルネットワーク 徹底的なトレーニングに必要となる品質の強化が可能です。

世界中の多様な歩行者と自転車を用意

道路を利用するのは自動車だけでなく、自転車、信号無視を行う歩行者、車椅子、自転車タクシーなどといった交通弱者も含まれます。

Cognata合成トレーニングデータは、様々な国や地域の道路環境に合わせた歩行者、自転車、そして個人の移動手段を含む多様なカタログを提供しています。

道路工事と緊急時対応のシナリオ

工事現場に車両が突っ込む事故により、米国だけで毎日平均2人が死亡しており、最もリスクが高いのは交通誘導員です。

Cognataのデータセットは、工事現場、警察、緊急時の初動対応といったような歩行者の安全性が特に求められるシナリオにおいて、堅牢に人物を検出する仮想トレーニングを提供しています。

 

様々なポーズと位置が設定可能

歩行者と自転車のポーズや位置は常に変化するため、それらをうまく検出および分類するシステムが必要となります。

Cognataでは、シーン内で交通弱者を含む様々なポーズや位置のトレーニングデータを簡単にパラメータ化して自動的に生成できます。

光と影の変化に対応

複雑な道路状況に対応

Request a free dataset