閉ループシミュレーション

Cognata で、MATLAB® Simulink® モデル、
ROS コンポーネント、または独自の AV ソフ
トウェア スタックをループ内で使用した完全
な閉ループシミュレーションを実行できます。

Simulink®

MATLAB® Simulink® と接続して、アルゴリ
ズムの開発、テスト、分析を行います。

これにより、制御、フュージョン、および車
両モデルを Cognata の環境、シナリオ、お
よびセンサーモデリング機能と簡単に組み合
わせられるようになります。

ROS

分散型自律走行車ソフトウェアをロボットオペ
レーティングシステム (Robotic Operating
System: ROS) に統合します。

これにより、Cognata シナリオ、トラフィッ
ク、合成データを使用した知覚および制御ス
タックなどの、複雑なコンポーネントの徹底
的なテストと評価ができるようになります

Cognata SDK

Cognata のリアルタイム SDK を使用する
と、シミュレータと顧客の AV ソフトウェア
スタックを簡単に統合できるようになります。

これにより、単純な RESTful API を用いて、
シミュレーションの構成、管理、および制御
を合理化できます。

Quickly Connect to Cognata Closed-Loop Simulation with Pre-Packaged Interfaces

ADAS のフュージョンおよび制御の開発

この MATLAB® Simulink® 統合により、Cognata を使用した閉ループシミュレーションでフュージョンおよび制御アルゴリズムを簡単に構築およびテストできるようになります。

Cognata は、ADAS フュージョンおよび制御のシナリオ駆動型閉ループシミュレーションテストのテスト実行中に、高度なレーダー、LiDAR、カメラ、GPSセンサーモデル間の閉ループ接続、Cognata Studio でのシナリオ作成、および Simulink® と通信するためのインターフェイスを提供します。

フル AV スタックテスト

一度の統合で知覚から制御まですべてを評価できるようになります。Cognata でシミュレートされたセンサーから ROS に合成データを公開して AV スタックで処理し、Cognata がサブスクライブした制御メッセージを返すことで。

オブジェクト検出を行うアプリケーションから独自仕様の AV スタック、Apollo、Autoware などのモーションプランニングを行うアプリケーションまで、単一の閉ループ環境で仮想的にそれらを一緒に実行できます。